iphoneアプリ開発をする前に知っておきたい業者依頼の利点

iphoneアプリ開発をする前に知っておきたい業者依頼の利点

スマホ

iphoneのアプリ開発

スマートフォンのブランドとして人気が高いiphoneはアプリ開発によって利益を得たりブランド名を広げたりしたいというときに有用です。スマートフォンを活用するマーケティング戦略を策定する上では外し難いブランドであり、ユーザー志向での開発を行わなければなりません。iphoneはバージョンアップが行われるにつれて少しずつ操作性も変わっていることから、それに合わせてアプリの更新を行っていくことも大切になります。

アプリ開発を依頼した際にかかる費用の相場

iphoneのアプリ開発を業者に依頼した場合には通常は300万円から1000万円程度で完成しています。開発するアプリの内容によって大きな違いは生じますが、およそ開発期間に比例して費用が高くなるのが一般的な傾向です。開発期間一ヶ月に対して100万円から150万円程度が相場になっています。ただし、フリーエンジニアに依頼するなど単価が安い依頼先にアプリ開発を依頼すればより安く開発を行ってもらうことが可能です。

アプリ開発をプロの業者に任せる4つのメリット

社内にITエンジニアが不要

iphoneのアプリ開発を行うときにはITエンジニアが必要になります。特にiphoneの特性を理解しているエンジニアを必要としますが、人材として多いわけではありません。雇用するにも費用が長期的にかかりますが、業者に依頼すれば必ず能力の高いエンジニアに開発を担ってもらうことができます。必要なエンジニアを正規雇用する必要なくアプリ開発を実現でき、その完成度も高くなると期待できるのがプロに依頼するメリットです。

エンジニア以外のスタッフも確保不要

アプリ開発を行う上ではエンジニア以外にもデザイナーやイラストレーター、CGクリエイターなどが必要になることがよくあります。そのようなスタッフを一通り揃える必要がなくなるのはプロに任せるメリットです。プロの業者の場合には多様なアプリ開発に対応できるように人材の準備をしているため、アプリ開発に必要になる素材を全てプロの手によって手がけてもらうことができます。人件費の削減をしつつアプリの完成度を高めることが可能です。

開発終了後の更新も依頼可能

iphoneに対応しているアプリを納品してもらってからもその更新を依頼できるのもプロに依頼するメリットです。開発完了の時点で使用した素材やコードは全て引き取ることができますが、社内でそれを使ってアプリの更新を行っていくのは難しいのが一般的になっています。そのときに開発したエンジニアにそのままアプリの更新を依頼してバグフィックスやiphoneのバージョンアップに伴う仕様の変更などを対応してもらうことが可能です。

別のOS対応へのアプリの移行も可能

多くのアプリ開発業者ではプラットフォームとしてスマートフォンのすべてのOSへの対応が可能なものを使用しています。そのため、最初はまずiphone対応で開発を行って、他のOSにも対応していこうという場合にはシステムを移行してアプリ開発を行ってもらうことが可能です。最初から全てのOSに対応する形で開発を依頼することも可能であり、より多くの人に利用してもらえるアプリとして世の中に打ち出すことができます。

信頼できるアプリ開発業者の特徴ランキング

no.1

ヒアリングを重視していること

iphoneのアプリ開発を依頼する業者として信頼できるかどうかはヒアリングの時点ではっきりとします。開発依頼をしたときにどれだけ熱心にヒアリングをしようとしているかを見れば、開発に際してクライアントを重視しているかがわかるからです。押し付けがましい業者であれば諦め、希望を聞くのを優先していることを重視しましょう。

no.2

開発実績が着実に増えていること

開発実績が十分にあることは技術力があることを示しています。いかにヒアリングができても希望を実現する開発力がなければ意味がありません。その有無を明確に示してくれるのが実績です。大抵の業者ではホームページで実績について紹介しているのでその数と質をよく確認して信頼するに足るかを確認するのが重要になります。

no.3

開発したアプリの人気があること

iphoneのアプリ開発をしたら対応するストアからダウンロードしてもらうことで配布します。そのアプリに人気があるかどうかは開発を依頼する業者として適切かどうかを理解するのに最適な確認方法です。ダウンロード数やユーザー評価を確認してみると、開発を依頼してできたアプリを多くの人にりようしてもらえるかがわかります。

no.4

アフターフォローを明確にしていること

アプリ開発を行った後のアフターフォローについて明確にしてあって内容が十分であることを確認することも大事です。業者によっては納品したら終了で何も手を付けないこともあります。バグフィックスまでは無償で行うといった対応があるか、運用についても契約可能になっているかといった点は確認しておかなければなりません。

no.5

連絡を密に取っていること

開発を依頼する先として単純に信頼性を確認する方法として忘れてはならないのが連絡が密かどうかの判断です。開発期間中や継続的な依頼をしたときにはそれ以後、ずっとその業者と付き合うことになります。そのときに迅速な連絡を取ってくれる対応力がないと不安を抱くことになりがちです。連絡の迅速さと適切さは初期から重視しておく必要があります。

広告募集中